【無料でDTM入門 1】すぐに楽しめるDTM活用法を紹介します

Desktop Music DTM入門

 パソコンを用いた音楽制作は、DTM(和製英語Desktop Music[デスクトップミュージック]の略称)とよばれています。
 ここでは、その中でも、DAW(Digital Audio Workstation)とよばれるパソコンソフトを中心にとりあげています。DAWは、楽器が弾けないひとや楽譜が読めないというひとでも、演奏や作曲ができるという大きな特長があります。したがって、歌が好きな人はもちろんのこと、ギターやピアノなどの楽器演奏に興味のある人にとって、DTMは、大変おもしろい道具になります。初心者の方でも、すぐに楽しめるわかりやすい例を、いくつかあげてみましょう。
 使用しているDAWは、無料で利用できる『Cakewalk by BandLab』というソフトです。インストールの方法などについては、こちらをご覧ください。

【無料でDTM入門 4】Cakewalk by BandLabをインストールしよう
 これまでのDTM入門の記事をご覧になり、興味がわいてきたという方は、ここで無料で利用できるDAWのCakewalk by BandLabをインストールしましょう。ただ、パソコンの扱いやソフトのインストールの経験が少ないという初心者にとっ...

わずか5分で作る曲

 何と言っても、DTMの楽しさは、数え切れないほどのDAWの楽器(ソフト音源などとよばれ、ギター、ベース、ドラム、そして、オーケストラの楽器などたくさんの種類が用意されています)の中から、好きなものを自由に組み合わせて、自分のイメージを活かした曲が自在に作れることでしょう。ここで紹介するDAW(Cakewalk by BandLab)を使えば、次の動画のように、卓上(Desktop)ですが、初心者でもすぐにバンドが組めます。基本を押さえれば、作曲も自在です。

カラオケの伴奏

すぐできる貼付けカラオケ

 DTMを楽しみながら、その操作法などを学べる、カラオケ伴奏もおすすめです。例えば、YouTubeなどにアップされているカラオケデータを、そのままDAWに貼り付けるだけで、あっという間に自分専用のカラオケが作れます。このブログでは、貼付けカラオケとよんでいます。次の動画は、その一例です。YouTubeのカラオケを伴奏に、ウインドシンセサイザ(EWI)という楽器で演奏しています。ただ、使用するデータが、オリジナル(自作)でない場合は、利用条件をよく読んで、権利関係等のルールに違反しないよう十分注意しましょう。

【無料でDTM入門】(2)[いつも何度でも]EWIはフルート風に~伴奏は貼付けカラオケ~
この動画は トライ!DTMブログ記事と連携しています。作曲:木村弓 『千と千尋の神隠し』主題歌カラオケ音源は「おとタマ」様からお借りしました。ありがとうございます。

 DTMのカラオケは、ただ歌や楽器の伴奏として使えるだけではなく、高度な編集も可能です。自分の歌声、演奏の録音・再生は当然として、テンポやキーの変更、うまく歌えなかった部分だけを選択して、繰り返し録り直すといったことまでやってくれます。ボーカルや楽器の練習などにうってつけなのです。また、エコー、リバーブといった豊富なエフェクトが自由に使えるのも魅力です。なお、歌声の録音には、対応したマイクなどが必要になります。
 次は、貼付けカラオケのキー変更法を紹介する動画です。

【無料でDTM入門】(5) Cakewalk by BandLab 貼付けカラオケのキーを変えてみよう
この動画は トライ!DTMブログ記事と連携しています。

伴奏の自作や編曲

 こちらは、少し難易度は高くなりますが、DTMでの伴奏の自作も盛んに行われています。好きな歌の楽譜(バンドスコア)が手元になくても、直に曲を聞いて音を確認しながら(耳コピなどとよばれます)、マウスなどで、パソコンに曲データを入力(打込みとよばれます)します。あとは、DAWのソフト音源を使って演奏すれば、伴奏の完成です。パソコンですから、一旦、データさえ入力してしまえば、アレンジ(編曲)なども手軽に行えます。次の動画は、原曲のCDから耳コピなどを使って、伴奏データを作り、ソフト音源で再生したものを、リアルタイムで聞きながらEWIでメロディを演奏しています。曲の後半部分は、エレキギター用のエフェクトをかけて吹いています。

【無料でDTM入門】(3)[糸]EWIはシンセとエレキギター風に~伴奏の自作や編曲~
この動画は トライ!DTMブログ記事と連携しています。作曲:中島みゆきカラオケ音源は TRY DTMが Cakewalk by BandLabを使って、手元の原曲CDの耳コピによる打込みなどで作成しています。

DTMギターで弾き語り

 ギター初心者が、うまく弾けるようになるには、一般に、かなり練習する必要があります。しかし、DTMのソフト音源を利用したギター(このブログではDTMギターとよびます)ならば、誰でも簡単に弾けてしまいます。次の動画は、DTMギターによる弾き語りの方法を紹介しています。

【DTMギター初心者】(1)入門者がすぐに弾けるフリーソフトAmple Guitar M Lite II~竹田の子守唄~
無料のCakewalk by BandLabに、プラグインとしてフリーソフトAmple Guitar M Lite II(AGML2)を利用しています。音楽理論なし、演奏技術なしで作曲を楽しむ方法は、次の動画で紹介しています。【作曲入門】◇Ample Gui...

 このように、DTMは、初心者、入門者であっても、うまく取り組めば、大変な思いをして勉強や練習をしなくても、音楽制作をおおいに楽しむことができます。このブログを利用して、DTMに挑戦しましょう。トライ!DTMです。