【DTMギター初心者 3】弾き語り入門~コード&ストラミングパターンのパネルと設定~

DTMギター

 DTMギターを使うと、ギターの弾き語りが簡単にできることは、すでに「【DTMギター初心者 1】入門者がすぐに弾ける無料のAmple Guitar M Lite IIの魅力」でとりあげました。
 一般に、ギターの弾き語りでは、歌いながら、楽譜や歌詞に示されたコードポジションを指で押さえ、弦をかき鳴らします。
 Ample Guitar M Lite II(ここではAGML2と略します)の場合も、コードを指定するためにパソコンのKeyを指で押さえて、弦の代わりにパターンが設定されたKeyを指で打ち鳴らします。
 ただ、DTMギターの弾き語りは、基本的に、コードの指定とストラミングパターン操作、合わせて指2本だけの奏法ですから、早ければ1時間もかからずマスターできてしまいます。より具体的に、その仕組みを紹介していきましょう。

AGML2のInstrument Panel

 はじめに、次の表示画面(Instrument Panel)を確認します。

Mainパネル

 AGML2を起動したとき、最初に表示されるのが、次のMain(モード)パネルです。図のように、鍵盤下のブルー系、オレンジ系色のラインは、鍵盤のKeyに、詳しい説明は略しますが、例示したような機能をスイッチ(Switch)として割り当てていることを表しています。

Mainパネル

Strummerパネル

 パネルの左上のモードスイッチ「Strummer」をクリックすると、次のStrummer(モード)パネルが表示されます。通常、図のスイッチをONにして操作します。

Strummerパネル

StrummerモードでのMainパネル

 Strummerパネルで図のスイッチをONにしたまま、パネルの左上の「Main」をクリックして、再び、Mainパネルに戻ると、次のStrummerモードでのMainパネル表示に変わります。最初のMainパネルと比べると、まず、ギターのイラスト部分にはピックが表示されています。
 そして、鍵盤下の色の付いたライン配置が異なり、オレンジとブルー系に加えて、グリーンやレッド系色のラインもあります。ここで、グリーン系のライン部分のKeyには、コードが割り当てられています。次で、もう少し詳しく、この配置を見ていきます。

ONでのMainパネル

Strummerモードの表示

コード表と鍵盤上の割当との関係

 図のように、AGML2のコード表(薄い緑色の囲み部分)の12個のコードは、鍵盤上の薄いグリーン番号のKey位置に、割り当てられています。また、ストラミングパターンは、オレンジの番号のKeyに、8個が配置されます。もちろん、各コードやストラミングパターンの変更や置き換えは可能です。

AGML2のコードとストラミングパターンの配置

コード配置は2面に分割して表示

 Strummerパネルのコード表では、一度に12個のコードしか表示されませんから、鍵盤上の1~24のコードの割当は、図のように「1」と「2」のボタン切り替えで対応しています。デフォルト(初期設定)のコード配置では、1~12と13~24は、まったく同じコードの並びになっています。

コードの配置は2面

コードの表記と設定について

 コード表の13番のコードの設定内容は、左から、コード番号、ルート音、ルート音以外の情報、コードポジションの4つです。
 曲を演奏するときに、このデフォルトのコード表にはないコードが必要になると、新たに設定しなければなりません。例えば、楽譜や歌詞カードに「Csus4」とあれば、このコード表にはありませんから、適当な番号に、「Csus4」を作成して置き換えて使用します。

コードの表記1

Switch to Chord 13

  コード番号「13」の数字は、コードが上の鍵盤図の13の位置に割り当てられていることを示しています。コンピュータキーボードの鍵盤の13(ドの音)をクリックするとコード表の13のコード「C」が指定されます。

コードの表記2

Chord 13 Root

 Root(ルート音)は、根音ともよばれ、通常、和音を構成する一番下の音を指しています。

表記3

Chord 13 Type

 Typeは、ルート音以外のコードを構成する音の情報で、図のような種類があります。「Maj」はメジャーコード、「min」はマイナーコード、「7」はセブンスコードなどとよばれます。もし、「C」のコードを「Csus4」に置き換える場合は、上から7番目の「sus4」をクリックします。

Chord 13 Pos

 実際のギターでコードを押さえるときの指の位置(ポジション)を指定します。次の3種類があり、通常、同じコード名でも「1」は低く、「3」は高いコード音となります。
 ただし、無料版では、機能制限により、ポジションの高いコードで、音の出ない弦が出てきます。

コードのポジション

動画で確認

 次の動画は、AGML2のパネル操作の紹介です。こちらも参考にしましょう。