【DTMギター初心者 1】入門者がすぐに弾ける無料のAmple Guitar M Lite IIの魅力

DTMギター

 Cakewalk by BandLabをインストールしたら、DTMギターを試しましょう。ここでは、DTMギターとして、フリーの音源ソフト「Ample Guitar M Lite II」を紹介します。
 ギターを持っていない、ギターは弾けない、コードとかもよくわからない、という方でも、指を痛めずに、弾き語りが楽しめます。自分の好きな曲に、DTMギターの伴奏をつけて、歌いましょう。
 はじめに、Ample Guitar M Lite IIのインストールが必要ですが、まずは、その魅力を知ってもらうために、このページでは、DTMギターの基本的なしくみや操作法、実際の演奏例などをとりあげます。そして、インストールの手順などは、次で行います。

【DTMギター初心者 2】無料のAmple Guitar M Lite IIのインストール
 Ample Guitar M Lite IIは、フリーのギター音源として好評です。ここでは、そのインストール方法を紹介しましょう。ダウンロードの前にはじめに ここでの内容は、執筆時点のものですから、ソフトのバージ...


 なお、このブログでDTMギターを試す場合は、先にCakewalk by BandLabのインストールが必要です。こちらをご覧ください。

【無料でDTM入門 4】Cakewalk by BandLabをインストールしよう
 これまでのDTM入門の記事をご覧になり、興味がわいてきたという方は、ここで無料で利用できるDAWのCakewalk by BandLabをインストールしましょう。ただ、パソコンの扱いやソフトのインストールの経験が少ないという初心者にとっ...

DTMギターの弾き方

Ample Guitar M Lite IIはプラグインシンセで

 Ample Guitar M Lite IIは、Cakewalk by BandLabでは、プラグインシンセとして組み込んで利用できます。無料のアコースティックギターバージョンながら、音質がよく、初心者も取り組みやすいという利点をもっています。下に紹介している「竹田の子守唄」動画でも実演していますが、二本の指だけで、弾き語りができます。
 Ample Guitar M Lite IIをコンピュータキーボードで使うと、図のように、パソコンキーボードの左側12個のキーにコード(和音、コードネームともよばれ、下の楽譜に表記があります)が設定されます。その中の1個のキーを選んでコードを指定して、右側の3個のキーのいずれかを打てば、自動でストラム(Strum/Strumming)とよばれる奏法で、ギター音が鳴り響きます。
 ストラミングは、実際に聞くとわかりますが、ピック(図参照)や指などで和音の組み合わせを弾くテクニックで、Ample Guitar M Lite II(Strummer)のプリセットには、アルペジオとよばれる分散和音も含めて、多数のストラミングパターンが設定されています。

ギター・ピックとキーボード

 コンピュータキーボードについて、よく知らないという方は、次のコンピュータキーボードの使い方をご覧ください。

【無料でDTM入門 6】パソコンがマルチ楽器になるコンピュータキーボードの使い方
 Cakewalk by BandLabをインストールできたら、コンピュータキーボードと呼ばれる仮想コントローラーを使ってみましょう。コンピュ-タのキーをたたけば、ピアノやギターはもちろんのこと、バイオリン、トランペット、フルートといった...

コードとストラミングパターンのキー配置

 Ample Guitar M Lite IIのコード表とパソコンキーボード(薄い緑色の囲み部分)、ストラミングパターン番号とキーボードのKey(オレンジ色の囲み部分)のデフォルト(初期設定)での配置関係は、弾き語りには欠かせませんから、しっかりおさえておきましょう。

コード表とキーボード

 具体的なコードや各キーの使い方などについては、次回以降の【DTMギター初心者】シリーズで、紹介しています。

DTMギターの伴奏で歌ってみた

竹田の子守唄の楽譜

 演奏には、次の楽譜を使っています。最初に、Cakewalk by BandLabのテンポ入力部には、楽譜のテンポ「60」を入力しておきます。すると、Ample Guitar M Lite IIのStrummerとシンクロ(同期、同調)した状態で、コンピュータキーボードが弾けます。

竹田の子守唄の楽譜

DTMギターで歌ってみたの動画

 動画では、キー操作が見やすいように、左右とも一本指で弾いています。実際に歌いながら撮れば、弾き語りとしてわかりやすいのですが、歌うのは苦手なので、この演奏のボーカルは、前もって録音したEWIで、それを流しながらDTMギターを弾くという形式になります。