【DTMギター初心者9】Ample Guitar M Lite II コードの仕組み

DTMギター

 DTM初心者の方には、無料VSTのAmple Guitar M Lite IIの利用を、おすすめします。DAWでの作曲の手順や演奏に、力を発揮してくれます。
 インストール方法については、このページ最下部の動画を、ご利用ください。

Ample Guitar M Lite IIの特長

誰でも すぐに演奏できる

 一般に、生ギターの演奏技術は、なかなか身につくものではありません。ところが、無料VSTのAmple Guitar M Lite II ギターなら、すぐに弾けるようになります。もちろん、ギターの弦の代わりに、パソコンのキーをたたきますから、生ギターを抱えて弾くリアル感は、まったくありません。
 あくまでも、スピーカーやイヤホンから、ギターらしき音が出て、ストロークやアルペジオとよばれるギター奏法で、伴奏が作れるということになります。

簡単に バンドの曲作り

 Ample Guitar M Lite IIを使うと、初心者でも、バンド曲が作りやすい利点があります。それは、自動伴奏(1つのキーを押すだけでかき鳴らす)機能によるものです。
 バンドといえば、普通、ボーカル、ギター、ベース、ドラムといったメンバー構成です。ボーカルは、伴奏に合わせてメロディを歌いますから、まずは、伴奏作りとなります。
 ギターとベースそしてドラムの編成だと、ドラムは、プリセットのパターン貼り付けで、準備できます。
 難しいのは、ギターとベースです。合奏ですから、調子を合わせるために、最低でもコード(Chord)の知識が必要になります。初心者は、ここがよくわからないことになります。
 しかし、Ample Guitar M Lite IIでは、コード知識のあるなしに関係なく、自分が、パソコンのキーを打ってみて、心地よい、あるいは、使いたいと思うギターの響きを探せば、そのコードやリズムは、自動で、お使いのDAWに記録してくれます。ベースパートも、その記録されたコードを、そのまま利用して、フレーズが作れます。
 次は、Ample Guitar M Lite IIを利用した曲作り例の記事です。

【Cakewalk作曲入門 5】ベースギターの参加とキーを調整する方法
 ギターの伴奏に、ドラムを加えても、キー(調)の問題は生じません。ところが、ベースギターを挿入する場合は、フレーズのキーを合わせないと、音が外れてとんでもない演奏になることがあります。ここでは音楽理論なしで曲作りを紹介ということで進めてい...
【Cakewalk作曲入門 6】DTMギター伴奏からベース・ドラムを加えたオリジナル曲作り
 これまでのまとめとして、少し長めのオリジナル曲を作ります。DTMギターでコード進行を決めて、ベースギターとドラムを加えた伴奏を作り、最後に、キーボードでメロディを弾きます。 ここでは、先に、動画を紹介して、あとで作曲手順のポイントなどを...

Ample Guitar M Lite II使用の留意点

曲の終わりは[A]か[H]キー

 Ample Guitar M Lite IIで曲を作るとき、心がけたい点があります。それは、明るい感じの曲であれば、その始まりは、なるべく、パソコンキーボードの[A]キーのコードで弾き始め、必ず[A] キーで終わるように作ることです。
 暗い感じの曲の場合は、弾き始めを[H]キー、最後を[H]キーとします。
 これは、メロディやベースラインを、パソコンキーボードで弾きやすく、フレーズも作りやすくするためです。なぜ、弾きやすいかは、次で紹介します。

Ample Guitar M Lite IIのコードの仕組み

 ポピュラー音楽やジャズで使用しているコード(ネーム)は、アメリカ式のABC名で表示されます。そして、音階(下図コンピュータキーボードの右側の赤字部分)も、ABCです。このAやBを、音名といいます。
 ここでの知識は、知らなくても、Ample Guitar M Lite IIを使えますから、無理に、覚えなくてもいいのですが、知っていると、応用はききます。

黒鍵と白鍵

 そして、Ample Guitar M Lite IIのStrummerモードで、キーボードの[A]キーを弾くと、ド(C)、ミ(E)、ソ(G)の和音(コード)が、鳴ります。実際に、弾いて聴くとわかりますが、明るい響きで、メジャーコードとよばれます。
 コードネームは、[A]キーのアメリカ式表記の音名を採って、Cメジャーとよばれます。
 楽譜などでは「C」とだけ表記される場合が多いのですが、コード表記は、統一されたものではなく、CmajやC△といった表記も使われています。
 下図のように、コード「C」を構成する音は、すべて白鍵ですから、黒鍵を使わずに、演奏できます。

C打つ

 次に、右隣の[S]キーを弾くと、レ(D)、ファ(F)、ラ(A)のコード音が鳴ります。このコードの響きは、暗い感じで、マイナーコードとよばれます。コードネームは、音名がDで、マイナーですから、Dマイナーとよび、Dにmが付いて「Dm」と表記されます。 前の「C」と同様に、白鍵だけで構成されます。

S打つ

 もし、楽譜などに「D」とだけ表記されていれば、それはDメジャーで、明るい響きのコードとなり、構成音は、レ(D)、ソ♭(G♭)、ラ(A)です。G♭は、黒鍵の音ですから、このコードを使うと、演奏で、白鍵だけでは弾けずに、黒鍵も必要になる場合があります。
 Ample Guitar M Lite IIでは、Dメジャーコードを、黒鍵の[T]キーに、割り当てています。

G♭

 次に、キーボードの[D]キーを弾くと、ミ(E)、ソ(G)、シ(B)のコード指定になります。暗い響きの音で、Eマイナー「Em」の設定です。構成音は、白鍵だけになります。

D打つ

 こうしてみると、Ample Guitar M Lite IIの白鍵に設定されているコードは、音階の音名をもとに白鍵キーをひとつ飛ばしながら、3つの音(3和音)で構成されていることがわかります。([J]キーは例外で「シ(B)、レ(D)、ファ(F):Bm(♭5)」ではなく、デフォルトで「G7」が設定されています。なお、G7は、4和音です。)
 コードを構成する3つの音の中でも、音名の音を、とくに根音またはルートとよんでいます。
 ちなみに、[H]キーを弾くと、 ラ(A)、ド(C)、ミ(E)の和音で、ルート(音)は、ラ(A)となります。このコードは、暗い響きでマイナーとなり「Am」と表記されます。

H打つ

 ここで重要なのは、Ample Guitar M Lite IIの白鍵に設定されたコードの構成音は、すべて、♯や♭の付いた黒鍵を使わないという点です。
 このことは、Ample Guitar M Lite IIの白鍵に設定されたコードを中心に使えば、演奏用に作られていないパソコンキーボードでも、弾きやすく、音を大きく外す心配がないことになります。もちろん、ベースラインやメロディを作るときも、有効です。

動画を観る

 Ample Guitar M Lite IIのコードの仕組みなどについては、動画でも紹介しています。こちらも、ご覧ください。

作曲に役立つ コードの仕組み

インストール動画の紹介

 Ample Guitar M Lite IIをインストールしてみたい方は、次の動画が参考になると思います。