【Cakewalkの使い方】(3)マトリックスビュー入門 フリー サンプル素材

Cakewalk

 マトリックスビュー Matrix View は、音源のフレーズ(MIDIデータ)をセルに貼り付けることで、自由に曲を作れます。そして、マトリックスビューは、MIDIデータだけではなく、オーディオデータも扱えます。
 ここでは、そのオーディオデータの利用例として、フリーのサンプル素材をとりあげます。

サンプル素材の入手法

 ここで紹介するサンプル素材は、楽器の演奏フレーズなどをオーディオやMIDIデータ化したものです。ネット利用で、さまざまなジャンル、カテゴリーのサンプルが、有償、無償で手に入ります。
 これまで、マトリックスビューの演奏には、Cakewalk by BandLabのプラグインシンセ音源のフレーズなどを使ってきましたが、このサンプル素材を利用すれば、そのフレーズやパターンの数を、飛躍的に増やせます。

フリーのサンプル素材サイト

 ブラウザで「DTM サンプル素材」などのワードで検索すると、サンプル素材に関連した、たくさんのサイトが表示されます。その中から、ロイヤルフリーで利用できるMusicRadarさんのSampleRadarを紹介します。
 ただ、フリーといっても、一般に、利用規約や規定が定められていますから、サンプル素材を使用する際は、その点に注意しましょう。こちらのサイトのサンプル素材は、自由に使えますが、再配布などはできないことになっています。
URL:https://www.musicradar.com/news/tech/free-music-samples-royalty-free-loops-hits-and-multis-to-download

SampleRadar

サンプル素材のダウンロード

 サンプル素材は、サイトからダウンロードします。そのファイルは、通常、100個を超える(サンプルパックなどとよばれる)サンプル素材集で、圧縮ファイル(zip形式)になっています。
 これを展開して、自分のパソコンフォルダに保存しておけば、いつでも、Cakewalk by BandLabの曲作りに、利用できます。
 

サンプル素材の使い方

セルにドラッグ&ドロップ

 マトリックスビューでのサンプル素材の使い方は、これまで紹介してきたプラグインシンセ音源のMIDIデータ(フレーズ)の扱いと、基本的には、変わりません。採用するサンプル素材(ファイル)を、ドラッグ&ドロップするだけです。
 ただ、サンプル素材がオーディオデータの場合は、トラックビューのクリップ表示部ではなく、直接、マトリックスビューのセルに、ドラッグ&ドロップします。このとき、オーディオトラックは、自動で表示されます。

サンプル素材

オーディオの注意点


 一般に、サンプル素材のオーディオデータは、MIDIデータに比べると、編集や加工がむずかしいため、制作する曲のテンポの目安となるように、テンポ(bpmで表示されます)別のフォルダにまとめられている場合が多いようです。ファイル名に、テンポやコードを直接表示してるものもあります。
 Cakewalk by BandLabは、オーディオデータについても、テンポや音程の編集機能を備えていますが、MIDIデータと違って、大幅な修正を行うと、音質の劣化などを生じますから注意が必要です。
 次の動画では、サンプル素材の使い方手順を、わかりやすくシンプルにするために、Cakewalk by BandLabのデフォルトテンポ「120」を、変更していません。したがって、マトリックスビューに、ドラッグ&ドロップした128bpmのサンプル素材のパターンは、自動修正されて120bpmで再生されています。

演奏例の動画を観る

 サンプル素材を利用したマトリックスビューの演奏例の動画です。サンプル素材を中心にした曲作りの手順を、紹介しています。