【Cakewalkの使い方】(1)マトリックスビュー Matrix View 入門

Cakewalk

 ここまでCakewalk by BandLabとAmple Guitar M Lite IIギターを使った作曲方法を紹介してきました。
 今回からは、マトリックスビュー(Matrix View)の使い方、その曲作りをとりあげます。

マトリックスビュー Matrix View とは

 Cakewalk by BandLabのマトリックスビューは、セルとよばれるマス目に、プラグインシンセのフレーズなどを、ドラッグ&ドロップで貼り付けて、その組み合わせで曲を作ります。
 大きな特徴のひとつは、演奏中でも、リアルタイムで曲の組み立てを変更できる点です。通常、録音された曲は、演奏を聞きながら、フレーズの差し替えや聴き比べなど簡単にはできませんが、マトリックスビューの演奏は、再生したいセルを自由に選んで、マウスでクリックする仕組みですから、簡単にその変更を楽しめます。

マトリックスビューの表示

 マトリックスビューは、図のように[表示]→[マトリックスビュー]で表示します。

マトリックスビュー表示手順

マトリックスビューの構成

 図の赤枠が、マトリックスビューです。行と列の配置によって、たくさんの枠(これがセルです)が作られ、このセルに、プラグインシンセやオーディオのフレーズデータなどの素材を、ドラッグ&ドロップで埋め込み、そのセルの構成によって、演奏・作編曲します。セルの組み合わせや再生順は、演奏中でも自由に変更できますから、一般的な作曲とは、また違った曲作りとなります。

マトリックスビュー画面

演奏例の動画を観る

 次の動画は、マトリックスビューの演奏例です。セルには、Cakewalk by BandLabプラグインシンセのドラム、ベースギター、そして、ピアノのサンプルフレーズを、ドラッグ&ドロップで貼り付けています。
 動画での曲作りは、そのフレーズの入ったセルを、列ごとに、演奏イメージに従い1~3個を組み合わせて構成・配置しています。
 この動画の演奏スタイルは、右手のマウスクリックで再生セルを選択して曲の伴奏を作りながら、それに合わせて、左手のコンピュータキーボードで、メロディを弾いています。音源は、Cakewalk TTS-1です。
 もちろん、こうした演奏を、そのままCakewalk by BandLabで、トラック録音して編集することもできます。