【Cakewalkの使い方】(4)マトリックスビュー入門 アルペジエーターの利用

Cakewalk

 Cakewalk by BandLabは、アルペジエーターとよばれるMIDIの編集機能を備えており、これを使うと、簡単に、マトリックスビュー用のパターンが作れます。

アルペジエーター とは

 Cakewalk by BandLabのアルペジエーターは、指定したトラックやデータ(音)を対象として、一定の法則にしたがい、自動的に(分散和音などとよばれる)アルペジオを作成して、演奏してくれます。
 したがって、アルペジエーターを使うと、ピアノロールに、単音を1本引いただけで、自動的に、複雑なフレーズやパターンを作ることができます。

アルペジエーター使用の手順

 (1)図のように、プラグインシンセなどを使って、音を準備します。複数の音でもかまいません。

(1)

(2)[MIDI]タブをクリックして、アルペジエーターを表示、「Presets…」をクリックします。

(2)

(3)プリセットから、適当なものを選択すれば、自動でアルペジオが演奏されます。

(3)

プリセット例

 プリセット数が多いので、そのすべては紹介できませんが、ここでは、ArpesqueとBassのプリセットを掲載しています。

プリセット例

演奏例の動画を観る

 次は、アルペジエーターを使った動画例です。使用法を、確認しましょう。