【Cakewalkの使い方】(5) マトリックスビュー入門 アルペジエーターの編集

Cakewalk

 Cakewalk by BandLabのアルペジエーターのプリセットで作ったアルペジオは、編集して、オリジナルパターンが作成できます。マトリックスビューの演奏にも、利用できます。
 今回は、アルペジエーターのコントローラーの機能と、アルペジオの編集方法を紹介します。 

アルペジエーターのコントローラー

アルペジエーターコントローラーの表示

 アルペジエーターコントローラーを表示するには、はじめに、プラグインシンセなどのMIDIトラックを選択しておく必要があります。画面下の[MIDI]タブのクリックで、Cakewalk by BandLabの左側部分(インスペクタ)に表れます。

アルペジエーターコントローラー

アルペジエーターコントローラーの機能

 アルペジエーターコントローラーの基本的な機能を、次に書き出しました。

コントローラーの機能

アルペジオの編集手順

 アルペジエーターのプリセットで作ったアルペジオを、編集して、オリジナルアルペジオを作成する手順です。

MIDIデータの準備

 作成例として、プラグインシンセのCakewalk TTS-1を使い、図のようなMIDIデータを、準備しました。
 ピアノロール画面で、データを打ち込んでいます。

MIDIデータの準備

アルペジエーターを使用 

 打ち込まれたMIDIデータに、図のようなアルペジエーターのプリセットパターンを使用しました。このとき、アルペジエーターの[ON・OFF]ボタンが,点灯しているのを確認します。

アルペジエーターの使用

クリップにバウンス

 MIDIデータのクリップを選択、右クリックして表れたメニューから「クリップにバウンス」を選択します。

クリップにバウンス

 これで、図のように、1本の直線だったパターンのMIDIデータが、細かく分割されたデータに変わります。プリセットパターンのアルペジオを反映した、編集可能なMIDIデータとなったわけです。
 あとは、マウスなどを使って、データの修正を行えば、オリジナルのアルペジオが、自由に作れます。

編集可能なMIDIデータ

アルペジエーターに関する動画を観る

 次は、アルペジエーターのコントローラーの機能とプリセットパターンの編集について、とりあげた動画です。